「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:アート( 7 )

大橋歩展

e0098771_20345861.jpg















先日、三重県立美術館まで「大橋歩展」を観に行ってきました。
美術館へ行ったのも久しぶり!そして美術館建築マニアの私、
空間ごと楽しんできました。そしてすこーし津の街なかもぶらり。
小学生か中学生くらいの時地元の中日新聞での、
確かファッション関係のイラストコラムの連載を楽しみにしていたのが
大橋さんを知ったきっかけ。そして今は7年前から企画、取材、撮影など
全てを大橋さんが手がけている「アルネ」が大好きで、全部持っているくらい。
大橋さんはなんと私の母親世代。しかもちょっとお年上でいらっしゃる!素晴らしい!
こんな若々しいセンスを持ち続けてるのって凄い。そしていつまでも攻め(という表現に
あえてしたい!)の姿勢を崩さない仕事の数々に惹かれます。
残念ながら糸井重里氏との今週末のトークショーの抽選には外れて
しまいましたが、こちらの対談が面白かったのでよしとします。。。

イラストだけでなく、インスタレーションもあったり、アルネのダミー本の
展示もありで、大満足のボリュームだったのですが、なかでも
つい最近まで知らなかった、大橋さんの最初の仕事、「平凡パンチ」の
表紙イラストの展示室は圧巻!そして1960年代とは思えない、、、
カッコ良さ。今見ても古臭くないし、むしろ痺れる~!!!
最初に貼った画像もそうなのですが、構図や余白の使い方までもが
すごく斬新でカッコいいのです。平凡パンチは、まだ私が子供のころ
刊行されてたんですが、セクシーなグラビア誌というイメージが強くて
表紙を見るのも恥ずかしかったものですが(笑)この表紙イラストを眺めて
いくと、当時先端をいく雑誌だったんだなあっていうのが伝わってきた。
マガジンハウスだから、今でいうBRUTUSとか、ちょっと前にあった
relaxとかっていうイメージかな?いやー、凄い刺激を受けました。

e0098771_20371857.jpg













e0098771_20374157.jpg















三重県立美術館は、周りの環境も静かだし、建物としても凄く好きな
感じでした。中庭に面したガラス窓の前に立つと、向こうの展示室に
見えるインスタレーションを望むことができたりと、空間も含めて作品を
楽しむことができるなんて、美術館として空間を最大限に使ってるなぁと。
美術館好きとしてはたまらないです。

e0098771_20391764.jpg時間があまりなく、すこーしだけ街なかへ。ネットで見ていて、いちばん好みくさい(笑)匂いのした「GOTCHY CAFE」へ。
もう、この私の予想はだいたい当たるのです(自慢!)店内は木目調なんだけど野暮ったくなく、かといって
クールすぎでもなく、凄く居心地が良かった!そして店員さんのすてきな笑顔にやられた!絶対また行きたい。近くだったら毎日通ってしまいそう。このプレートの感じも可愛かった!パンもちもちでした。次は近鉄でゆっくり行ってみたい美術館と街でした。
[PR]
by carrion-8 | 2009-11-25 20:13 | アート

ムナリ

ブルーノ・ムナーリ展へ行ってきました。
ポップな色使い、斬新なデザイン、
皮肉たっぷりな作風が好み!
美術館のエントランスまで凝ってました。
e0098771_032454.jpg








ダンボールを使って展示されてたり、
絵本を実際に手に取ることができたりして
素材やデザインを肌で感じることができたような。
なにか創りたくなってきて凄い刺激を受けてきた。
まずは友達への手紙(メールではなく)
に創意工夫をほどこしてやろ!笑

個人的にツボだったのが
「ムナーリのフォーク」のシリーズ。
フォークの先をくいっと歪ませて
まるで人の手のようにしたオブジェが並んでた。
「ヒッチハイク」
などと付けられたタイトル。
ユーモアのさじ加減が絶妙なムナリさん。素晴らしい!
e0098771_0101427.jpg
[PR]
by carrion-8 | 2008-10-22 00:11 | アート

それでも楽しい

もう何回目になるでしょうか。
今年も仲間数人とクリエーターズマーケット
参加してきました。
毎年あの濃ゆい空間に参加するのが大好き。
完成度高い作品に感嘆し、きゃあきゃあと買物し、
ステキなパフォーマーの方々に釘付けになったり。
回を重ねるごとに規模が大きくなり、全国から
クリエーターが集まるようになって、たった二日間では
足りない!最近フード出店も増えて、音楽フェスに匹敵
する充実ぶりです。
昨日はアイリッシュレースの作家さんの作品を
何度も見に行って、こんな乙女ちっくな買物しました。
この緻密さ、どうです??もう恋に落ちましたよ。

e0098771_20553454.jpg参加するたびにステキな作家さんたちとの出会いあり。
それが一番楽しいかも。
自分達の出店形態についても考えさせられること多々。
今回終えてちょっと色々考えた。私は作品を売るってことにはやっぱりあまり興味が向かないみたい。ちくちくと何かが創り出せればいいかなあって。
それで気に入ってくれる人がいたら嬉しい。
それでもやってみたいことは沢山。そして向上心も湧いてきた。とにかく細々とでも長く続けられたらいいな。皆お疲れ~。またステキな作品産みだしてね。それも楽しみなのです。
[PR]
by carrion-8 | 2008-06-16 20:48 | アート

ハイテンション喫茶

e0098771_19394372.jpg私には残念ながらラーメンズは難しかったのです。がしかし、片桐さんの特大アフロと濃ゆ~いキャラは相当好み。という訳でラーメンズを愛する友に貸して貰った「根津サンセットカフェ」。今日は完全引きこもり、4巻まで借りて、さっき2巻を観終った。一話がたったの1分半なのだけれどとにかく内容が濃い!!!片桐さんは超ハイテンションながらも確実に笑わせてくれるし、なにより共演のカナちゃん(可愛い!)との絶妙のテンポがかなり心地いいのです。カナちゃんは凄い。あのテンションにちゃんとついていってる。大物になりそうな気配だわ。一気に全部観ちゃった!

どのカテゴリに入れていいかわからなかったけど片桐氏のこの凄まじいまでのハイテンションぶりは芸術の域に達しているであろうことから「アート」に決定(笑)。
東京ってやっぱり凄いね~。こんなの深夜にひっそり放送されてたなんて!!!

私は廻りからテンションの振れ幅が殆ど無い(無いってどういうこと??)とよく言われる。
余り気にすること無く、いいじゃん、別に!って今まで生きてきたけど少しは片桐さん見習ってエネルギッシュになりたいもんです。あと、最近言われて一番ショックだったのは「天然と気づいてないタチの悪い天然」ってこと。ほんと気付いてなかった。でも当たってる。んがー!(ハナシそれたわ)
[PR]
by carrion-8 | 2008-03-02 19:35 | アート

ツボ

e0098771_1464553.jpg







今日は友人と久々にクリエイティヴ?な休日を満喫。
ジャズが流れるなか、「美の壷」展を堪能してきました。
実はひそかに楽しみにしている番組。
結構見逃していて、今までに古民家、明治の洋館、はたまた
懐石料理や和菓子のツボまで特集されてたとはちょっとショックだったり。
ちょっと敷居が高いと感じていた美術品も、視点の「ツボ」を知ることで
見方が変わり、どんだけ立派な方が作っておられようと(笑)
とっても親しみを感じ、愛着が湧きます。
行ってよかった!谷啓さんのあのお部屋も再現されてた!
あんな部屋、究極の理想かもしれないわー。
[PR]
by carrion-8 | 2008-03-02 01:20 | アート

ぶなの木へ行ってきた

昨日は、クリエーターズ(こう書くとかっこよすぎ?)
仲間の友人がアンタ絶対好きなはず!と
わざわざハガキを送ってくれたカフェ&ギャラリー
「ぶなの木」へ。こじんまりした個人美術館のような
趣の素敵すぎなお店でした~。名古屋市郊外にあります。

e0098771_20405762.jpgまるでシーパワーの舞台さながら、
鳥の巣箱があちこちにあったり、草木に囲まれた
オーガニックかつ可愛らしくも凛とした雰囲気の
エントランスからして垂涎もののお店!
そしてまた、、天然酵母パンの美味しいこと!
いちじくとクルミのパン
さつまいもあんのパン
メロンパン
ハイジの白パン
をお買い上げ。
フジロックで食べたルヴァン同様、生地はちょっと酸味のある感じ。あたたかさのにじむ滋味深い味にうっとりですよ。
パン星人(なんだそれ)の私にはたまらない美味しさでした!

道中のBGMは同行の友共々大好きな・・・フィッシュマンズ。
忘れちゃうひととき~♪と浮かれた休日でございました。
[PR]
by carrion-8 | 2006-11-27 20:41 | アート

遅ればせ・・・のゲージツの秋。

慌しさがひと段落(風邪も)、日曜に豊田市美術館へ。

e0098771_21215493.jpg街の喧騒から離れた大好きな場所で、
何を隠そう、、美術館建築マニアな
私のお気に入りの美術館です。
そして美術館に併設されたカフェに
大体ハズレはない!
というのが俺的定説(笑)。
まさにココは、その代表格です。
「gardens」という展覧会を観に行ってきたんですが、殆どがインスタレーション。
体験型のアート作品が多くて面白かった~。
壁にあけられた額のなかを覗くと、石膏ボードと下地材の間に植物が!内部造作までアートにしてしまう発想に驚いたり、靴を脱いでフワフワの白い大きな房の中に入ると、あたたかな色合いの空間のなかに不思議なかたちのクッションが散りばめられ、どことなく女性の胎内と庭のイメージを結びつけたような作品に癒されたり。残念ながら庭や自然て、身近な存在でなくなりつつあるので、自然好きの私にはとっても刺激的かつ癒される素敵なイベントでした。

e0098771_21221643.jpg参加した作家のなかには高木正勝氏も。
映像と音を楽しむ作品で、浮遊感溢れるエレクトロニカに、すっかり骨抜きに。
CDも販売されてて、買おうかかなーり迷いました。ちゃんと聴いてみたい。
この影響もあってか、今ずーっとRadioheadを久々に聴いてます。
自分内ネオアコムーヴメントからエレクトロニカへ。そんな導きもあったゲージツの秋、の一日でした。て、、結局音ネタに繋がっていくんだよねー。art&musicは私のなかでは切っても切り離せない関係にあります!
[PR]
by carrion-8 | 2006-11-14 20:46 | アート