カテゴリ:ライブ( 24 )

少年ナイフ&bloodthirsty butchers&BEAT CRUSADERS@名古屋クアトロ

e0098771_23542825.jpg二日前にもうなります、少年ナイフ&bloodthirsty butchers&BEAT CRUSADERSのクリスマスライブを観て来ました。
ビークルがゲストでメインは前者2バンド。まずブッチャーズ。私、田淵ひさ子ちゃんのギター弾く生の姿をずーーっと観たくて観たくて。やっと念願叶いました。ナンバガ全盛期は仕事が忙しく、LIVE行けずじまいで、これまた昔からカッコイイと思ってたブッチャーズでその雄姿を拝めるとは♪ いや~、、、もうなんて表現したらいいかわかんない。あのネックの押さえ方とか、、、もうとにかくカッコ良くて。勿論初ブッチャーズも素晴らしかった!ひさ子ちゃんから吉村さんへ繋ぐギターソロも素晴らしかったけど轟音の重なりがたまらなくカッコ良くて痺れっぱなし。小松さんのドラムも凄まじかった。少年ナイフも女子3ピースとは思えない勢いある演奏が凄く盛り上がったし、これまた初めて観たビークルも半端無く楽しかった。やってる音楽あんなにカッコイイのに、、、お下劣トークと噂に聞いてた、あのコール・・・いや、あのくだらなさ、むしろ好きですけど(爆)。
この日の3バンドは同世代というかむしろ私よりも兄さん姐さん。欲を言えばジョイント的なものが観たかった~。ブッチャーズの時、吉村さんにビークルのメンバーが酒持ってきたのには笑いましたが(勿論あのお面姿で・笑)。兄さん姐さんたち、、、素敵すぎです。今年のLIVE納めにはとーっても贅沢な一夜でした!
[PR]
by carrion-8 | 2009-12-24 23:51 | ライブ

YO LA TENGO@名古屋クアトロ

e0098771_0201250.jpgヨラのLive行ってきました!
初見だったこともあり、、、もう最高過ぎて・・・・。もしかしたら今までここ名古屋で観た私的live史上ベストアクトとなったかもしれません。平日名古屋の伝説(寒々とした・・フロア)なんか完全にぶっとぶフロアの入りも頷けた。テーブルが少し出てたし、私なんか今日チケット買ったし(!)で最初不安だったんだけど、ほぼ満員でした。そして詳しくは書きませんが、ラスト近くの長尺曲でのカッコ良さに歓喜の声が上がりまくった瞬間、ぞくぞくした!さんざん痺れさせてその後には脱力爆笑ナンバーもあったり。3人それぞれが凄く芸達者!それぞれ色んな楽器を手にしてたのに感激、見ごたえあり。凄く楽しかった。3人とも大きいからクアトロのステージがいつになく狭く感じたけど、特にジェイムズのでかさは驚きだった(笑)。アイラが意外と(失礼!)カッコ良くて。というか彼のギターの弾き方はヤバい。渋かったりぶっ壊れてたりでほんとカッコ良かった!で、アイラの動きから目が離せなくてフロアに降りるのやめたと言ってもいい。ジョージアのドラムさばきも気持ちいいくらいに
タイトで惚れ惚れ。なんてカッコいい夫婦。夫婦ツインヴォーカルも素敵でした。なんかもう余韻に浸ったまま書いてるのでうざいかもしれません、いやしかし彼等のおかげで最高の年越し。thankyou,verymuch,,happy new year!!!ってアイラが言ってたけどこっちが言いたいよー。3人の親近感あふれるルックス(笑)に思いきり騙された!!!いい意味で裏切られた。 最高過ぎたです。フジで観たい!野外で観てみたい!

e0098771_0254032.jpgこれから観られる方、羨ましい!楽しんできてください。そして行こうか迷ってる方(私もそうだった)行ってください!今日はアルコール摂取できなかったのが残念。明日の夜、今日の余韻に浸りつつ呑もうと思います。会場で買ったCD←。カバー集みたい。ジャケもアメコミっぽくて可愛いのです。
[PR]
by carrion-8 | 2009-12-16 00:22 | ライブ

Franz Ferdinand@Zepp nagoya

e0098771_23571354.jpg地元名古屋で観たフランツのLiveから一週間!
ボブを地元で迎えたのも初めてでした、私。
今までのLive参戦史上、最大の伝説作ってくれちゃいましたもんね、
ボブったら。(ボブ腹痛事件)
そうそう、5年ぶりに昔の日記、読んじゃいました。
私、全く成長してませんね。少し落ち着いたぐらいか(爆)。もう削除されてると思ったらあったあった。キモくて恥ずかしいですがボブ腹痛事件の詳細はこちら
な~んかあれこれ思い出しちゃったりで、感極まっちゃいました(爆)。
そんなこんなでボ部の私達(リンク先のPG嬢共々)はしっかりボブの姿をこの目に焼きつけてまいりました。

あれから放心状態&燃え尽き症候群のまま現実の生活が慌ただしく、その合間に風邪をひき&寝込み詳細レポあげられませんでした~。
しかし、、、いまだフランツしか聴いてません(笑)。もうセットリストも完全に飛んじゃっておりますが、ひとことレポだけでも。
名古屋(なのに・笑)!!!むちゃくちゃ盛り上がりました。超満員だったし。
デビュー時は「女の子を躍らせる音楽」とか言ってましたが、いやーもう男子たちももりもり踊ること踊ること。
そしてチケット代以上に最初から最後までめいっぱい楽しませてくれる
フランツにもう感服です。観にいくたびにそれがどんどんグレード上がってて、
こんなに楽しませてくれて、これから先どうなっていくの??って思ってしまう。
アレックスの「40」での♪ララララララララララララ~・・・「ハイ」「ヤー」なんて
キメててキモい(笑)囁きとか、ニックの還暦ですか?と突っ込みたくなるような
赤いチョッキ姿に驚愕&爆笑(実はそんなTシャツだった・画像参照)しつつも
マイコーでのキレッキレな早弾きギターが最高にカッコ良かったり、
ポールの大きく開いたTシャツの首元に覗くTATOOがセクスィーで
ため息ついてる間もなくあのドラムさばきに驚嘆したり、ボブがあちこち動き
回っていたこと、Take me outでのイントロで前出てきて弾く姿に成長
したね・・・と涙したり(大げさ)ラストでやっと笑ってくれた!って大喜び
したりの唄って騒いで踊っての楽しすぎたひと時。Lusid Dreamsのあの
鳥肌たつカッコ良さはなんでしょう。バンドサウンドからエレクトリックにだんだんと
ダンスフロア状態になっていくあの感じ。ラストは素晴らしいポールのドラムソロで
締め。言葉出ませんでした。凄いねフランツ。
そして一緒に観て喋くりたおしたお友達みんな(PGちゃん、la-pandaさん、Nくんたち)ありがとう!
音楽は確実に私の人生を変えてくれたし、間違いなく楽しい方向に導いて
くれている。そんなことにあらためて気づかせてくれたフランツにもありがとう!
[PR]
by carrion-8 | 2009-11-19 23:57 | ライブ

サマソニ大阪

二日目だけ参戦してきました。
今まで会場に関しては不満だらけだった為、
はじめて行く新会場にも全く期待してなかったんですが、
これが意外に快適だったのです。メインの野外ステージ
に行かなかったりしたのもあるだろうけど、サマソニ
参戦8回目にして、初めて大変な人ごみにも揉まれず、
ご飯も椅子に座ってゆっくり食べれたし、そして何よりも
毎度入り浸り度高いソニックステージに椅子席が!!!
寒いくらいの冷房のなか、時には舟漕いだりもしましたが(爆
ゆったりまったり自分のペースでサマソニを楽しむことが
できました♪初めてストレスを感じなかったかも。
アクセスがちょっと悪くなったのだけ。帰り道が一番大変でした。
それぐらいかな。
まずはkyteからsonic stageへ。
新人ながらも超満員で、それでもなんとか椅子へ。
澄み切ったボーカルの心地よいこと!到着した安堵感から
ちょい寝てしまいました。シガーロスに似てるってのもあり、
もうちょい個性がほしいな、まだいまいちぴんとこなかった。
がしかし、新人らしからぬ堂々とした演奏っぷり。なかなか聴きごたえありました。
東京からの長旅おつかれさん!なPG嬢達と合流し、オアシスにご飯を
食べに行く。この日はちょっと風もあり、外で食べるの気持ちよかった。
そして今までの大阪会場には無かった、屋台の充実ぶりは嬉しかったなあ。
涙でそうだった(笑)。いか焼きを食す。んま~☆
この後、phoenixを観に行こうかと思ってたらメンバー高熱の為、急遽キャンセルに。
またsonic内へ入り、65daysofstaticを観に行く。音圧が凄い!前観た時は
かなり興奮したものだが、今の気分ではなかったみたい。
そのまま楽しみにしていた初Mercury Rev
もうまず一曲目から素晴らしく安定した演奏力と、ハイトーンヴォイスに圧倒される。
後ろに映し出された映像も幻想的だし、ジョナサンの両手を大きく伸ばしたり広げたりの
動きも伸びやかで、時には何かに憑き動かされてるような鬼気迫るものも
ありつつ、パフォーマンスが本当に素晴らしかったアクト。The Dark Is Risingの
美しさといったらなかった。鳥が羽ばたく映像も合わせて泣きそうになったり。
危なっかしい破天荒なバンドもそりゃ大好物だけど(笑)、Mercuryの完成度高いライブを
観て、もう本当に素直に感動した、楽しかった!もっとCDも聴きこんで単独も観てみたいな。
次はsonicを出てgarden stageに少年ナイフを観に行く。芝生に座ってかき氷を
食べながらユル~っと。髪を振り乱す姉さんたちのかっこいいガレージパンクに痺れしばし聴きほれてると、横のpark stageから聞こえるjack penateの気になること!氷食べ終え、走って
観に行きました。ちょい80年代チックなキラッキラなダンスチューン! 皆楽しそうに
踊ってて、思わず中に入ってっちゃった。このテの音は超幸せになる~!笑
調子に乗ってたら砂埃に巻かれて違う意味で泣かされましたが。小太りjackは、
全くもってルックス的には好みでなかったですが(爆)愛嬌たっぷり。CD聴いてみたいな。
こういう予定外、想定外の出会いはフェスならでは。楽しい~!!!
そしてまたsonicへ戻り、MEWを数曲聴く。彼等のLiveもほんと、サマソニでしか観たことない
けど、やっぱりいい!ヨーナスのボーカルが凄いやっぱり綺麗で好きだし、繊細なのに凄まじい説得力、迫力があるところも。続いてこれまた初のMogwai。やーもう言葉出なかった。私は初めてだったし、じっくり聴いてみたかったので、スタンドの、わりとステージに近いジョン側の良席からゆっくり堪能したんだけど満員に埋まったアリーナの一体感は壮観だった。CD何枚か持ってるものの、インストバンドたる所以か、好きだなー、カッコいい!以上の感情を今までそんなに持てなくて(ファンの方、すみません)初LIVEに臨んだものの、凄まじいけど美しい音圧に圧倒され、繰り返す静寂と轟音のシャワーにただただ鳥肌。インストなのにこれほどまでに私たちオーディエンスの心をグイグイ引き込んでいくさまを目の当たりにして、Live観ないとMogwaiのファンだって心底言えないなあって思った。今、あらためてHappy Songs For Happy Peopleを聴いてるけど、Live観る前と後では聴こえ方が全然違う。感情移入できてるもん、本当に。
この後、ちょこっと観る予定だったsoulwaxは入場規制で入れず。残念だったけど初回のサマソニでは
昼間に、しかも少ない客入りのなか観たことから考えると凄い出世!!!ちょい寂しかったけど嬉しい。
初モグワイでお腹いっぱいになったのですんなり諦めがついた。

とまあだらだらと取り留めのないレポになりましたが、ほんと行って良かった!
花火を見ながら会場を後にしたらやっぱりハッピーな気持ちでいっぱい。やっぱり夏は
フェス抜きには考えられない。おおきに大阪!(初めて言ったな・笑)
[PR]
by carrion-8 | 2009-08-10 23:22 | ライブ

兄ぃからの宿題。

怒髪天@名古屋クアトロより帰りました。
久し振りに耳やられた。泣いた。笑った。
今夜は兄ぃをどうやら泣かせちゃったみたいです(
人が少なくて、じゃないよ!その逆です)

取り急ぎ覚え書きとして。
兄ぃ曰く名古屋のあんかけスパ
三大名店は
①ユウゼン
②サヴァラン
③チャオ
らしく、次のLiveではどこが一番美味いか
オデコに墨入れて来い、とのことです。
チャオしか行ったことないので早速リサーチして来ます。
あんかけって凄く好きではないけど、
たまーに食べたくなるんだよね。
想像して喉の奥が酸っぱ辛くなってきました。
[PR]
by carrion-8 | 2009-06-20 23:59 | ライブ

3年ぶりのFEEEEDER!!!

e0098771_21101578.jpgずいぶん更新空いちゃいましたが、、、
久しぶりにLive行って来ました。
愛するFEEDER♪ 3年ぶりの轟音に酔いしれた!行った日は興奮状態で思わずmixiのほうで久々に三本も日記書いた(笑)。二日経って、やっと気持ちが落ち着いてきました。今回とにかく驚いたのが人の入り。私、実は当日券入りだったのですがなんと列つくってて。焦りました。Live中、グラントがTravisの事を話していたようで、そういやー今頃来日だったな、なんて呑気に思ってたらなんと彼等もその日、名古屋公演でした。にしては!!!三年前より人が増えてて、私は今回男子率高い為後方の段が上がったステージがよく見渡せるところにいたんだけど、フロア結構満杯で!もーうそれだけで感無量でした。だって名古屋ってさ・・・(以下省略)
それだけに皆の一体感が凄くって、皆で大合唱&腕突き上げて。もう楽しくて、何度泣いちゃいそうだったか。
新作からが中心になるかなーって思ってたら、ベスト的内容だった。タカさんのMCが少なめで残念だったけど、この日の日本語MCは、「初来日が10年前のハードロックカフェだったんだけど、このなかで行った人いる?」だった。名古屋が初来日だったなんて知らなかった、嬉しい!INSOMNIAとか、やっぱり盛り上がるけど私が今回痺れたのは新作からのSonorous。優しく静かに唄いあげるグラントのボーカルに酔いしれてると、突如激しく鳴らされるギターの音に静寂がかき消されていって高揚していくさまがたまらない。これぞまさにFEEDERの真骨頂って感じで、好きで好きで仕方ない。
クアトロは11月の怒髪天以来で、Live行くこと自体がすごい久し振りで、なんだか今までとはまた違う高揚感。やっぱりこの煙草臭い薄暗い空間がたまらなく好き。さまざまな想いでステージを見つめてたら、好きで好きでたまらないYESTERDAY WENT TOO SOONで泣いちゃった。グラントたちが手を振ってステージから去ってったらなんともいえない虚脱感に襲われた。。。こーんなに切ない気持ちにさせてくれるバンドってそういない。終了後に来日記念盤買って、また前回に引き続きおまけのサイン貰って幸せな気分で帰宅。
[PR]
by carrion-8 | 2009-02-27 20:53 | ライブ

怒っていいとも

今日本一大好きな兄貴たち。
中高生の頃、先輩男子にときめいた、あの感じを思い出す。
貰った第二ボタンはどこへいったかな。笑

日々パワー貰ってます。
ちいさいこと、まだまだ気にしてるけど!!!
兄ぃに怒られるな。。。

怒髪天/全人類肯定曲

怒髪天/ドンマイ・ビート

先日、時差ボケのまま急きょ恩恵に授かって
ブラフマンとの対バンLiveへ行ってきました。
前方へ行きたかったけど体はフラフラ、眠気MAX。
初めての怒髪天だし、よーく見えるところからステージを
じっと見る。じっと見る。
カッコ良すぎた。
ときめいた。

終演後・・・
[PR]
by carrion-8 | 2008-12-05 11:59 | ライブ

上京日記①(Radiohead@埼玉)

愛するRadiohead来日ツアー!私は埼玉公演一日目のみ遠征して観て来ました。
もうあの夢のようなひとときから一週間が過ぎてしまった・・・。
そして私はまた慣れない家事に勤しんでいる日々。
夢のようなあの当日の儚い(笑)ひとときをちょっと思い返してみます。

ながーい前座が終わり、
トムが出てきたら終わっちゃうんだよ!!どうしよう!と友と連呼し
オープニングを待ちわび、眩い光の柱がそびえたつステージを眺めて
興奮し通しの数時間。彼等のことが好きすぎて舞い上がって緊張して
他のアーティストのLiveにはないアドレナリンが吹き出し、、、
いつもの事ながら・・・あっという間にトムたちに
向って手を振っているのだった・・・。笑

忘れないよう書いておきたいセットリスト(10/4/2008・埼玉SA)
01. 15 Step
02. There There
03. The National Anthem
04. Lucky
05. All I Need
06. Nude
07. Where I End and You Begin
08. The Gloaming
09. Weird Fishes/Arpeggi
10. Videotape
11. Talk Show Host
12. Faust Arp
13. Jigsaw Falling Into Place
14. Idioteque
15. Climbing Up The Walls
16. Exit Music
17. Bodysnatchers

☆アンコール1
18. House of Cards
19. Bangers & Mash
20. Paranoid Android
21. Dollars and Cents
22. Street Spirit

☆アンコール2
23. Cymbal Rush
24. Reckoner
25. Everything In Its Right Place

序盤から大好きなNational Anthem!
そしてLuckyの美しさに目を閉じゆらゆら。
予想してなかった流れ!いい意味で予測のつかないセットリストに一喜一憂!
新譜も好きだが間に挟まれる新譜以前の曲が私的にはやっぱり嬉しい。ぐっとくる。
Talk Show Host、Exit Musicのように胸締め付けられるような美しい曲&トムの
ボーカルにうっとりするのもいいけど、やっぱり演ってくれた Idiotequeで弾けたり。
もうとにかく夢のように時間が過ぎていった。
Faust Arpはポエトリーリーディングっぽくて大好きなんだけど
トムがやりなおすハプニングが。メロディに乗せるの難しそうだもんね、、、
と思いながらほほえましいひととき。
トムの日本語挨拶もチャーミングかつ流暢!驚いたのが
ジョニの「ハジメマシテ」うますぎるよ(笑)
そして今回もっともやばい・・・最高だよ。と思わせてくれたのは
Paranoid Android
~Dollars and Cents
~Street Spirit
の流れ。このまま時間が止まったらいいのに!!!って思った。
エンディングEverything In Its Right Placeもにくい。盛り上がったねー。
なんだか淡々と綴った(かなり端折り)ような気がしてるけど
いまこうして書いてみると胸の奥がツーンとこみあげるような気持ちなのです。
他の日と比べると地味なセトリかもしれないけどこの日しか観てない私には
コレが最高の選曲!言うことありません。彼等とあのひとときを共有できただけで
幸せ。いつも以上にキモく暑苦しい記事になってしまいましたがこの辺で。ハァァ・・・。
そしてもうぶっちゃけちゃうと彼等以上にこの胸を熱くさせるバンドは
他にいません。同じ時代を生きているということだけで嬉しい。演奏力の高さと
いい、楽曲のクオリティといい、、、、ぶつぶつ(爆)
そして信じられないことに自分が大好きなバンドのLiveに行ったのは
今年はコレが初。この私がですよ!???笑
今年に入ってずっと忙しくて、フェスも諦め、次第に音熱もすこし
薄れていたのは本当の話。でもこれでまた大復活を遂げたのは
言うまでもありません。
追記>終演後会えた4様&GF様&N君&PG嬢&K姫ありがとう!もっと
語りたかった!また会おうね。

最後に>>
新譜のなかでもかなり好きなReckoner。当然ながら生もサイコーだった!
PV凄い完成度!大好きです。そして祭りはまだ続きます。おやすみなさーい。


上京日記は、うきうきショッピング・羽伸ばし編に続きます。
[PR]
by carrion-8 | 2008-10-12 10:18 | ライブ

久々のDOMINGO

お盆休みも今日が最終日。
実は秋に引越しを予定しており非常に
バタバタとし疲れきってます~。
そんななか、全くいつもと違うジャンルのLiveへ。新鮮でした!

地元は、豊田市美術館にて「Blooming:ブラジル-日本 きみのいるところ」
鑑賞。イベントのひとつとしてモレーノ・ヴェローゾのLiveも朝から並んで観てきました。
ブラジル音楽狂の相方の付き合いで行ったのですが、もともと私もボサ好きだったりで
なんとなく興味あり。軽い気持ちで行ったら、なんとカエターノ・ヴェローゾの
息子さんでした。普段はUK好きだし、こんだけブラジル音楽に疎い自分が
混ざってていいんだろうかと臨んだLiveでしたが間近で観る優しい弾き語りに癒されて
日々の疲れがすーっととんでいきました。んで、かなり眠ってしまうという

e0098771_22313117.jpg結果にもなりましたが(いいのか!?)
今回心から行ってよかった!と思えたのが
私のなかで多分、ボサ・ベストである大切な一枚「Domingo」から
「コラサォン・ヴァガブンド」を唄ってくれたのです。
もう、、、鳥肌立ちました。叙情溢れるボーカルに感動。
モレーノさん、日本にもかなり造詣が深いようで、
さいたさいた♪チューリップの唄や高野寛氏のカバーも唄ってました。
カタコトの日本語もチャーミング。サイコーに笑顔の素敵な方でした。
キャアキャア騒ぎながら被りついて観るLiveも大好きだけど、たまにはこんなLiveの楽しみ方もいいものです。ボサ、しばらく聴いてませんでしたがちょっと引っ張り出そうかなと。
[PR]
by carrion-8 | 2008-08-17 22:26 | ライブ

MINUS THE BEAR@池下upset

e0098771_1111969.jpgMINUS THE BEARのLiveへ行ってきました!
いや~、心から楽しかった&素晴らしい演奏でした。
緻密ながらもキラキラとした美しいマス・ロックを
聴かせてくれました。捨て曲ないです。
プログレ、ハードコア、エモ、ポストロック・・・
あらゆる音を消化し一貫性はあるものの似た曲はなく飽きないし、演奏に厚みのあることと言ったら。なんか久々に震えましたねぇ。もうただただ残念なのが、、、あれだけの素晴らしいLiveをあんな少人数で観たこと。東京公演行こうか迷ってる人、行ってください。
でも言っておきますが、、、ウチの地元にしてはハコのキャパに
対してはまあまあ埋まってたし、かなり盛り上がったのは嬉しかった!
これで説得力あるかなあ(笑)。Fujiで観たいバンドです!!!ホワイトステージが似合う!!!
[PR]
by carrion-8 | 2008-02-17 01:10 | ライブ