カテゴリ:映画( 14 )

プール

e0098771_025369.jpg














観に行って少し経ちましたが、
観た直後からずっと続くここちよい余韻は未ださめず。
かもめ食堂、めがね、と観て来ましたが
どれが一番、とか順番なんて決められないです。
それぞれ好きで、それぞれ観たあとの余韻も違う感じ。
でも今作では、ラストシーンに向って~エンドロールの間、
ポロポロ泣いてしまった。
そこが前二作とは大きく違ってたかな?

ネタバレ注意です
[PR]
by carrion-8 | 2009-09-24 00:38 | 映画

バルセロナ~♪ ←音楽、良かったです。

近所のシネコンのタダ券で観てきた
「それでも恋するバルセロナ」。

e0098771_23133577.jpgウディアレン作品は昔2~3作ほど観てたのと、もう行ったことを半分忘れてたバルセロナが舞台ということで。ここが舞台じゃなかったら多分観に行かなかったであろう。
観る前になんかのレヴューで、この映画観たらバルセロナに行きたくなる、って書いてあったけどそうでもなかったなあ。なぜならば。
ストーリーのテンポの良さとか、
登場人物みんなのアクの強さ(特にペネロペ!
今までのイメージ覆した!凄く良かった)とかに気持ち持っていかれちゃうから。それにしてもこの巧みな女性心理の描かれ方にはつくづく感心させられます。74歳のおじ(い?)さんが書いたとは思えない。ただのラブコメに終わらないシニカルさも流石。
今年になってから映画観たいモードでちょこちょこ観てるけど、今年の映画版俺ベストは何になるかなあ。
ディア・ドクターや、渋いところいって剣岳とかも観てみたいし、秋公開の「プール」も超楽しみだし。
今年は映画の俺ベストも書けそうです。
[PR]
by carrion-8 | 2009-07-12 23:09 | 映画

最近のいろいろ

e0098771_22472970.jpg長年愛用してきたスティラの日本市場撤退!
はがきが届いて以来ショックが続いてます・・・。
パッケージがいちいち可愛いだけでなく、
若干敏感肌の私には合ってたのです。
これからどこのを使っていいのか、またしばらく
試行錯誤することになるのかなあって思うと
凄い憂鬱。もうアメリカ国内でないと入手できないらしい。
でもほんと今までありがとう!って言いたい。
カウンターのお姉さんたちも皆感じ良かったしね。
化粧品自体のパッケージはもとより、
厚紙のボックスも凄く可愛かった・・・。残念です。
↑コレに出会うまで香水って苦手でした。ほんと大好きだったなあ。

e0098771_2312953.jpg話題は変わって。先日、1950年代後半にアントニオ・カルロス・ジョビン、
ジョアン・ジルベルトらとボサノヴァを創生した作詞家、ヴィニシウスのドキュメンタリー映画を観てきました。
私はまったくもって専門外ですが、ボサも好きだしなにより音楽ドキュメンタリーに弱いのです。このポスターにも惹かれて。若いころのバーデンは本当にかっこいい・・・。
もう少しLive映像があると良かったかな。ナラ・レオンとの絡みももっと観たかった。インタビュー証言が多すぎて無礼ながら少し寝てしまった・・・。ブラジル音楽オタクの夫までも舟漕いでました(ダメ夫婦だ)
9回にわたる結婚も経験し、多くの女性に恋し、いつも片手にウィスキーを持ち音楽を愛した人。本業は外交官であったけれど、残した詩は400編、作詞した楽曲は400。彼が人生をいかに豊かに過ごしたかが全編から感じ取られ、観た後はなんだか清々しい気分に。この濃密な人生を66年で終わらせていたことに驚きでした。生きていたら96歳、彼が生まれた頃のリオはフランス文化の雰囲気が漂ってた!そんな映像も興味深かったです。
[PR]
by carrion-8 | 2009-07-08 22:40 | 映画

ウルトラミラクルラブストーリー

e0098771_22381188.jpg観て来ました。
どんなにミラクルな作品なんだろう??
と期待して。
最初この絵を見た時、すっごい衝撃(笑撃?)だったけど
この程度では済まなかった。
100sのエンディングテーマも
楽しみにしてたんだけど、今となっては
全然どんな曲だったか覚えてない(笑
ラストシーンがあまりにも強烈だったからですな。
今までアヴァンギャルド、シュール、パンクだといわれる
映画って観たことはあっても、もやもやしたまま
終わっちゃうものばかりだったから、最近その方面の映画は避けてました。
でもこの作品は奇想天外なだけでは終わらなかった。
陽人の破天荒キャラにさんざん振り回されて
終わるかなあ・・・と思ってたらちゃんと腑に落ちた。しかし共感できるかどうかは別としてです。なんか共感できるのかどうかさえわからない。だってこんなの観たことないし想像さえしなかった。でも観にいってほんと良かった、陽人のありあまるエネルギーがちょっと乗り移りそう(爆)。うなされそう。
いや、でも、もやっとしたまま映画館を後にする人もきっと多いだろうなあ。いやいや、私もまだやっぱりなんかもやっとしてるわ。はっきりしない感想ですみません。それぐらい強烈な印象を残す映画です。
松ケンってやっぱり凄い役者です。今後どうなっていくんだろう。末恐ろしいです。
[PR]
by carrion-8 | 2009-06-29 22:36 | 映画

重力ピエロ

e0098771_5343014.jpg










数日前に観てきました。
レイトショーだったのですが、
しばらく眠りにつけず・・・。
それぐらい心にズシンと響く、いい映画でした。
憎しみとか悲しみ、血のつながりまでも超越した家族の絆に涙。
最近あまり観なかったミステリーだったけど、あたたかくて。
テンポが良く、すごくわかりやすかった。
特筆すべきはキャスト!
とてつもなく大きくてあたたかい、父親役の小日向さんが
TVに出てきただけでもうやばい。
先日見たホノカアボーイ主演の岡田くん、
次々といい作品に出てますね。
あの作品とは全く違う役者さんだったなぁ。
甘いマスクに騙されちゃいけない・・・。
素晴らしかったです。また目が離せない若手役者のひとりに。
[PR]
by carrion-8 | 2009-06-06 05:47 | 映画

ホノカアボーイ

e0098771_17405627.jpg










ホノカアボーイ観て来ました。
穏やかであたたかく、
ゆるーい雰囲気ながらも
色々なことを沢山考えさせられた、
大切な映画となりました。
ひとは誰かと出会うために生きている。らしい。
って言葉を噛みしめ、レオが糸電話で
「ごちそうさま」って言うシーンで大号泣。
もうやばいくらいひとりで泣きじゃくって
化粧取れ取れで出るの恥ずかしかった~(笑
ビーさんの作るご飯がもう、本当に美味しそうで!
スクリーンから匂いたつようなホカホカのあたたかい料理。
誰かに作ってもらった心のこもった料理を
大切にいとおしく頂くのって最高に幸せなこと!
そして、もっと丁寧に料理を作らないとね、って
あらためて思いました。
あのロールキャベツ、絶対真似したい!

少し話が脱線するけど、私はまだまだ献立考えるのが
ニガテなのと、美味しいものを食べるのは
日々の最大の楽しみだったりするので
毎日食べたメニューを書きとめた
ご飯日記をつけてます。外食も含めて。
後で見返すと面白いし、参考になるのです。
タワレコで買ったレコスケダイアリーに毎日箇条書きしてます。
可愛くて料理のモチベーションをあげるためにも
音楽絡みで。ミュージシャンの誕生日データ入り。

>ある日のメモ
名東区・ペコリにて(超ローカル・笑)

砂肝コンフィ
地鶏の柚子胡椒焼き
炊き立てご飯
海老とせりのおすまし
自家製プリン

などと書いてあります。ジュル~

ちなみに、その日誕生日のミュージシャンは
アントニオ・カルロス・ジョビンとアリシア・キーズ
でした~
e0098771_17455992.jpg
[PR]
by carrion-8 | 2009-04-01 17:43 | 映画

少年メリケンサック

e0098771_036550.jpg












を、観てきました。
もう滅茶苦茶過ぎて最高。
まさに、
あの中年たちのNO FUTUREぶりが
パンクスピリッツ。
佐藤浩市ってほんとパンクな役者だと思う。笑
観てない人いるかもなので多くは語りませんが、
実は大好きな(爆)田辺誠一の扱いが私的には直球過ぎました。
峯田&向井の守ってあげたいに泣けた~

☆追記。
最近テレビをリアルタイムでなかなか観れず、
先日クドカンが出た、とんねるずの食わず嫌い
録画してたものをやっと観た(遅すぎ)。
クドカン好きの皆様(ここ見てる人でどれだけいるのか?笑)
最後のクドカン罰ゲーム観ました??
「NO more映画泥棒」そう、映画始まる前にやる、あのクネクネ。
なんてチャーミングなの!!!
[PR]
by carrion-8 | 2009-03-02 00:36 | 映画

いよいよ今春

e0098771_20423268.jpg今春やっと公開されるイアン・カーティスの
伝記映画 「Control 」。
一体どのくらい前でしょうね・・・
制作されるって~って記事書いたの。
いよいよですね。
てか、、ウチの地元は
初夏になったりして。嫌だ!早く観たい。

私、大の音楽モノ映画フェチです。
期間中2回は観に行ってしまうかもな。

そして凄いのが・・・!
[PR]
by carrion-8 | 2008-01-14 20:38 | 映画

久々に

e0098771_22153445.jpgこの週末は「This is bossanova」を観てきました。ジャンルを問わず、私は音楽ドキュメンタリーフェチだと思う。先日観たアイスランド音楽の「スクリーミング・マスターピース」に次いで、本当に感動した!何年か前に呑み友達と一緒にハマってたボサ。ここ数年は完全ロケンローモードにスイッチ入ってましたがこの映画をきっかけに久々に開眼しそうです。
内容としては、1950年代末にブラジルで生まれ、世界に広がったボサノヴァを現在も活躍する巨匠二人がゆかりの地を訪ね、誕生当時の思い出やボサノヴァの魅力を語るものなんですが合間に挟まれる演奏シーンや当時ボサ誕生の瞬間(これがまた興奮)のさなかにいたミュージシャン達のインタビューや映像なんかが本当に鳥肌モノ。コパカバーナの浜辺の風景とかリオの海岸線を俯瞰しつつ聴くボサは極上でありました。しかもナラ・レオンの動く姿を少しだけ観れて嬉しかった!動くイアン・カーティスを観た時と同じような震えですね。ジャンル分けして音楽聴くのって勿体ないと思う!ここ読んでくれてる皆にも観てほしいなあって思いました。しばらくボサモードかもですがHIVESの国内盤発売をまだかまだかと待ちわびる雑食人間な私です。
[PR]
by carrion-8 | 2007-10-22 22:14 | 映画

めがね観に行きました。

e0098771_21384696.jpgメルシー!

多分アルファ波だかマイナスイオンだかが
あふれ出してるに間違いない。
最初の数分(何分でしょうか。誰か教えて!)
寝てしまい焼肉ジュウジュウの音で目が覚めた
食いしんぼです。

サクラさん最高
[PR]
by carrion-8 | 2007-10-09 21:36 | 映画