上京日記①(Radiohead@埼玉)

愛するRadiohead来日ツアー!私は埼玉公演一日目のみ遠征して観て来ました。
もうあの夢のようなひとときから一週間が過ぎてしまった・・・。
そして私はまた慣れない家事に勤しんでいる日々。
夢のようなあの当日の儚い(笑)ひとときをちょっと思い返してみます。

ながーい前座が終わり、
トムが出てきたら終わっちゃうんだよ!!どうしよう!と友と連呼し
オープニングを待ちわび、眩い光の柱がそびえたつステージを眺めて
興奮し通しの数時間。彼等のことが好きすぎて舞い上がって緊張して
他のアーティストのLiveにはないアドレナリンが吹き出し、、、
いつもの事ながら・・・あっという間にトムたちに
向って手を振っているのだった・・・。笑

忘れないよう書いておきたいセットリスト(10/4/2008・埼玉SA)
01. 15 Step
02. There There
03. The National Anthem
04. Lucky
05. All I Need
06. Nude
07. Where I End and You Begin
08. The Gloaming
09. Weird Fishes/Arpeggi
10. Videotape
11. Talk Show Host
12. Faust Arp
13. Jigsaw Falling Into Place
14. Idioteque
15. Climbing Up The Walls
16. Exit Music
17. Bodysnatchers

☆アンコール1
18. House of Cards
19. Bangers & Mash
20. Paranoid Android
21. Dollars and Cents
22. Street Spirit

☆アンコール2
23. Cymbal Rush
24. Reckoner
25. Everything In Its Right Place

序盤から大好きなNational Anthem!
そしてLuckyの美しさに目を閉じゆらゆら。
予想してなかった流れ!いい意味で予測のつかないセットリストに一喜一憂!
新譜も好きだが間に挟まれる新譜以前の曲が私的にはやっぱり嬉しい。ぐっとくる。
Talk Show Host、Exit Musicのように胸締め付けられるような美しい曲&トムの
ボーカルにうっとりするのもいいけど、やっぱり演ってくれた Idiotequeで弾けたり。
もうとにかく夢のように時間が過ぎていった。
Faust Arpはポエトリーリーディングっぽくて大好きなんだけど
トムがやりなおすハプニングが。メロディに乗せるの難しそうだもんね、、、
と思いながらほほえましいひととき。
トムの日本語挨拶もチャーミングかつ流暢!驚いたのが
ジョニの「ハジメマシテ」うますぎるよ(笑)
そして今回もっともやばい・・・最高だよ。と思わせてくれたのは
Paranoid Android
~Dollars and Cents
~Street Spirit
の流れ。このまま時間が止まったらいいのに!!!って思った。
エンディングEverything In Its Right Placeもにくい。盛り上がったねー。
なんだか淡々と綴った(かなり端折り)ような気がしてるけど
いまこうして書いてみると胸の奥がツーンとこみあげるような気持ちなのです。
他の日と比べると地味なセトリかもしれないけどこの日しか観てない私には
コレが最高の選曲!言うことありません。彼等とあのひとときを共有できただけで
幸せ。いつも以上にキモく暑苦しい記事になってしまいましたがこの辺で。ハァァ・・・。
そしてもうぶっちゃけちゃうと彼等以上にこの胸を熱くさせるバンドは
他にいません。同じ時代を生きているということだけで嬉しい。演奏力の高さと
いい、楽曲のクオリティといい、、、、ぶつぶつ(爆)
そして信じられないことに自分が大好きなバンドのLiveに行ったのは
今年はコレが初。この私がですよ!???笑
今年に入ってずっと忙しくて、フェスも諦め、次第に音熱もすこし
薄れていたのは本当の話。でもこれでまた大復活を遂げたのは
言うまでもありません。
追記>終演後会えた4様&GF様&N君&PG嬢&K姫ありがとう!もっと
語りたかった!また会おうね。

最後に>>
新譜のなかでもかなり好きなReckoner。当然ながら生もサイコーだった!
PV凄い完成度!大好きです。そして祭りはまだ続きます。おやすみなさーい。


上京日記は、うきうきショッピング・羽伸ばし編に続きます。
[PR]
by carrion-8 | 2008-10-12 10:18 | ライブ


<< 上京日記② ごぶさたです >>