カマクラへ

急遽決まったバタバタの旅。この週末、鎌倉へ行ってきました。

e0098771_2104381.jpg卒業旅行で訪れて忘れられないくらい
美味しい釜飯を食べたり、
どうしても行きたい器屋さんがあって、
わざわざ青春18きっぷで
はじめてのひとり旅をした鎌倉。
個人的にかなり思い入れがあります。
人もあったかくて、ちょっと時代が止まったかのような
ノスタルジー溢れる街並みは相変わらず。
いっぱい元気になって帰ってきました。

e0098771_211939.jpg
鳥モチーフ好きの私には豊島屋は、かなりフォトジェニック☆思わずお店の前でパチリ。
本店を詣で、鳩サブレと、、とっておきのブツを購入。それについてはまた後日!




東京の方に言わせたら、、今さら??って言われそうなんだけどディモンシュを初めて訪れました。実は私はマスターの堀内さんの大ファン(!)笑顔の素敵な方に弱いのだ。いつか行きたいって思ってるうちに、、姉妹店がニ店舗もできて、今回は全部巡ってきました。ブラジル音楽を扱うClaro、ウェアやコーヒー豆とそれにまつわるあれこれを扱うdois、どちらもこじんまりとしていながらも力の抜け具合がなんとも心地よいお洒落空間。思ったとおりの素敵なお店でした。
一応(笑)音楽blogなので書いておくけど、Claloみたいな痒いところに手が届く大きさのCDショップっていいなあーって思った。雑食といえどさすがに専門外なので私は入っていけなかったけどDJの方とマスターと同行の連れが音楽談義に花咲かせてて、ほんっと楽しそうで軽くジェラシー。ショップの人と仲良くなって、こんなの入ったよ、って聴かせてもらってそれに派生して話しがつきなかったりとか、そういうお店があるのっていいなあ!って。私もあのくらいの規模の行きつけのギターポップ屋がほしいー。ここ観てるblog仲間の誰かが始めてくれないかしらといつも思ってます。T師匠、24氏あたりどうでしょう?って勝手に呼びかけてみたりw 

e0098771_2327827.jpgそしてディモンシュで初めて食べたブラジル料理!
独創性に溢れてた!
手前のは国民食ともいえるメニューらしく、
黒豆と豚肉を薄味で煮込んでゴハンにかけたもの。
そして奥に見える「アボーボラ」は激ウマだった。
黒パンにマスタードクリームと混ぜたかぼちゃのペーストの上にはバルサミコチキンと茸。
お酒呑んでて美味しいつまみに出会うと、、
この為に生きてるわー!って本気で思える(笑)
これは最高にビールと合います。
ずっと行ってみたかったディモンシュは、かかってる音楽のボリュームが絶妙で心地よく、やっぱりコーヒーの味は忘れられないくらいまろやかで美味しかった。ひと昔前のカフェブームで一時期大注目のお店だったけれど、今でも喫茶好きのみーんなに愛される存在であり続けてるのにあらためて納得。周りにはお洒落なお店は皆無、向いがパチンコ屋というロケーションに驚いたけど、これからも移転などすることなく鎌倉の、あの場所で続けてほしいなあーって思った。
鎌倉の変わらないのんびりした雰囲気と、、あのゆるさ。私には、すごーく合う。なんかせかせかしてないんだよねぇ。都心に近いとは思えない。今度は久々に江ノ電に乗りたいなあ。またゆっくり行きたいです。最近旅ばっかり。現実逃避気味でやばいなあって思うけど、私にとっては活力源なのでやめられないです。
[PR]
by carrion-8 | 2007-01-29 20:37 |


<< 俺的ギターポップジャンボリー マリーアントワネット >>